FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

プロフィール

小鳥(ことり)

Author:小鳥(ことり)
指差し指されの人生も、独りじゃ出来ない人の興。良も不良も時々に、白でも黒でも無いと知る。「人ではじまり、人に終わる」 ただそれだけの事。

出版書籍













全記事表示リンク

ブログランキング



ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

Infomation

  • 22-10 配分

心で備えていたとしても労働時間の増加によって早出初日の肉体は許容を超えたらしく、閉店間際になる頃には、

( 腹へったぁ~ )

" フラフラ・・ "

汗で何度も湿った後のYシャツをヨレヨレにして、進もうとする足の動きは鈍くなっていた。
帰宅途中の車内では、

「 "リー(小鳥)"ちゃん大丈夫けぇ?」

と"葵"の気遣いを受ける程だったが、

「 あぁ、全然平気だよ・・」

疲労感は多大でも、それを隠して弱音は吐かず、

「 それよりさぁ、"イー(葵)"ちゃんこそ毎日の送り迎え大変ズラぁ?苦労掛けてごめんね・・」

"葵"への労いは忘れなかった。

完全に昼夜逆転の就労となった"小鳥"の帰宅が世間一般と比べればだいぶ遅いにも関わらず、"葵"は"小鳥"が起きる時にはすでに化粧を済ませた状態でお弁当やら食事の準備をしていて、"小鳥"が何度、

「 "イー(葵)"ちゃん、昼間はゆっくり休んでていいだからね・・」

と言っても、

「 うん、でも"リー(小鳥)"ちゃんが働いてるのに、アタシだけ楽する訳にはいかないから・・」

それに甘えた返事をする事は無く、"小鳥"が帰宅すれば、上げ膳据え膳で献身的に尽くしてくれていたのである。

今の暮らしに見出す不備は実に鮮明で目先の目標は数多く、貧しさの取り繕いは無様であったかもしれないが、互いが互いを思い合っている二人の姿は生き様としては清らかだった。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する