FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

プロフィール

小鳥(ことり)

Author:小鳥(ことり)
指差し指されの人生も、独りじゃ出来ない人の興。良も不良も時々に、白でも黒でも無いと知る。「人ではじまり、人に終わる」 ただそれだけの事。

出版書籍













全記事表示リンク

ブログランキング



ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

Infomation

  • 26-6 本当の驚きの勘違い1

( "イー(葵)"ちゃんはもう着いてるだろうなぁ・・)

タイムカードを押すと、そこに記された時間は、

" 0:05 "

作業途中での退散指示にはズコッとしたものの、夢中の内に日付変更線を越えていたと知れば、

( ホッ・・)

むしろここで帰れる事に胸を撫で下ろした。

" スタスタスタ・・ "

「 お先に失礼しまぁ~す 」

作業途中の一団に挨拶をして急いで外へ出ると、

( ん?)

いつもなら早めに到着して待っているはずのY-31が見当たらず、

( 少し遅れてんのか?)

特に深くも考えず、

" カンカンカンカン・・ "

着替えを素早く済ませてしまおうと鉄製の外階段を軽快に駆け上がった。
待たせてしまっていれば焦る思いも、まだ到着していないとなれば心は軽く、

「 ふふふ~ ふっふふ~・・てがぁ~」

陽気な鼻歌も飛び出しながら、スキルアップの手応えに気持ちは明るく、階段を駆け下りる動きも軽快だった。

その為、

" 0:10 "

「 ふふふ~ ふっふふ~」

" 0:15 "

「 ふふふ~ ふっふふ~」

" 0:20 "

「 ふふふ~ ふっふふ~」

( ん? もしかして寝ちまったか?)

事の異変に気付くまで10分少々も掛かる事となった。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する