FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

プロフィール

小鳥(ことり)

Author:小鳥(ことり)
指差し指されの人生も、独りじゃ出来ない人の興。良も不良も時々に、白でも黒でも無いと知る。「人ではじまり、人に終わる」 ただそれだけの事。

出版書籍













全記事表示リンク

ブログランキング



ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

Infomation

  • 28-7 揺れれば尊し

午後になり、点いたランプを追って2コースに入ると、マダムはまだ現金投資をしていて、

( よく金が続くよなぁ・・ )

などど感心していると、

" チラッ "

マダムは"小鳥"に気付き、

" ヒョイヒョイ "

小さな手招きをした。

( ん?)

いつもの様子に、

「 お待たせいたしましたぁ~」

と近付いてみると、

「 はいコレ、ワタシの連絡先 」

マダムは小さく折りたたんだメモ用紙の様なものを渡して来て、

「 へっ?」

「 ちょっとぉ~ 今度付き合うって言ったの忘れてるでしょぉ・・」

「 あっ!」

「 いいから仕事が終わったら連絡よこしなさい 」

「 は、はははっ 」

取り敢えずメモ用紙を受け取った"小鳥"は、

( まさか本気だったとは・・ )

と思いながらも、

( ん? これは場合によっちゃ金が舞い込むチャンスなのか?)

"葵"を思えばどうのこうの考えても答えは決まっていても、

( これを逃したらもうねぇかもなぁ・・ )

ホール業務をこなしながらも思考は一本の蜘蛛の糸が目の前に垂れて来た様なイメージを生み出していて、

( 「 自分がされて嫌な事は相手にはしないこと!」 )

母親の顔と言葉が浮かんでも、それが収まる事は無かった。



奥付
この度は 『 人生はギャンブル 』 ご愛読頂き誠に有難うございます。
『 人生はギャンブル 』 を書籍で楽しんでくれるという方は下記リンクをご利用ください。

この小説を最初から書籍で読む↓
人生はギャンブル1巻
黒井小鳥のポエムを書籍で読む↓
歩道(ほみち)
コンシステンシー
レフトズーム全集
Cogeneration
孤独のしるべ



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する