FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

プロフィール

小鳥(ことり)

Author:小鳥(ことり)
指差し指されの人生も、独りじゃ出来ない人の興。良も不良も時々に、白でも黒でも無いと知る。「人ではじまり、人に終わる」 ただそれだけの事。

出版書籍













全記事表示リンク

ブログランキング



ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

Infomation

  • 30-4 曇天の晴れ間は束の間で

子供が生まれて家庭が広がる事よりも、"葵"と二人、夫婦であれる事が大切なのだと気付かされてから、点滴付けの数日を経て、お粥の食事の数日を経て、車でこっそりと喫煙する数日を経て、いよいよ退院の日はやって来た。

「 おかえり・・」

「 ただいまぁ~」

二人の日常は価値観を変えて再び動き出し、

「 まじで良かったよ・・」

「 ありがと・・」

" プシュッ "

「「 かんぱい!」」

"小鳥"はにこやかにビールをほうばる"葵"を優しく見つめながら、一度は諦めた暮らしが条件付きながら取り戻せた事に安堵していた。

そして、"葵"の車椅子を押して歩く姿を想像しながら、

( 好きな事を何でもさせてやりたい・・ )

と思った自分が、これからの日々をそう築き上げて行く事を全く疑っていなかった。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する