FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

プロフィール

小鳥(ことり)

Author:小鳥(ことり)
指差し指されの人生も、独りじゃ出来ない人の興。良も不良も時々に、白でも黒でも無いと知る。「人ではじまり、人に終わる」 ただそれだけの事。

出版書籍













全記事表示リンク

ブログランキング



ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

Infomation

  • 31-1 そして

とは言え、大海原の様な人生は、波によく似たものが絶えずうごめいていて、どこかを目指して進むにしても、その進路を阻んで惑わす事に非常に長けている。

故にその後の"小鳥"は、

" 喉元過ぎれば熱さを忘れる "

こんな状態を漂う事になった。
"葵"が傍目に普通の日常を送る事が当然になれば、そこに対しての感激は次第に薄れて行き、一月五千円の小遣いでやり繰りする難儀にイライラしながら暮らしを辿るだけになっていたのである。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する